ヘヴンリーイージス

大失敗に終わった第四弾カードパック「神々の騒乱」のインフレを象徴するカードの一枚、ビショップのレジェンド「ヘヴンリーイージス」。

 

9/8/8(進化後10/10)という強力スタッツを持ちながら

このフォロワーへのダメージは0になる。
このフォロワーは、他のカードの能力(攻撃力/体力への能力は除く)を受けない。
(例えば、「破壊する」能力や「消滅させる」能力を受けない)

 

という唯一無二の絶対除去耐性を持つカードでしたが、発表時から実装後そして現在に至るまでその存在は「つまらない」、「頭が悪い」、「シャドバの癌」などと散々に叩かれヘイトを溜めています。

 

ここで問題となっているのは、ヘヴンリーイージス及びイージス搭載型のビショップが強いか弱いとかではなく、「存在が許されない」という意見のあまりの多さです。

除去不可能かつ高スタッツなので、ヘヴンリーイージスより遅いデッキはほぼ壊滅。そのくせ遅延が(実質)クラス特性であるビショップデッキの存在はユーザーに対してあまりに大きなストレスを与えました(強くはなかったですが)。

 

そもそもこういったカードは同時に何らかの対策カードも実装するのが当たり前なのですが、ヘヴンリーイージスの対策はもう「出される前に勝て」の一言に尽きるので、デッキ構築の幅を狭める大きな要因であることは明白です。

 

そして5/23に行われたナーフ(カード能力調整)のアップデートでは、ビショップの勝率がさほど高くなかったからか、ドラゴンやネクロのカードと違ってお咎めなしという判断をされました。

 

これにともなって、ヘヴンリーイージスの能力自体にテコ入れをすることはおそらく今後無いという運営の方針が判明しましたね。
ということは、新パック「ワンダーランド・ドリームズ」でようやく何らかの対策カードを実装してくるのではないかという見方が強くなったのですが……

まさかヘヴンリーイージスの対策カードは実装されないのか!?

ワンダーランド・ドリームズ
すでにワンダーランド・ドリームズほとんどのカードが発表されてるのですが、ここまでイージスの対策カードはなしという事実。
除去耐性にこだわりをもつのなら、攻撃力0にするスペルをニュートラルの5コスなどで実装してほしいという意見が多く聞かれますが……

 

運営が真面目にカードゲームを作ろうとするならこういった大味なカードを投げ合う路線に歯止めを効かせないと、誰も見向きもしなくなってしまうのではないでしょうか?
まだカードは出揃っていないので、希望を捨てずに見守りたいと思いますがどうなることやら……

★人気の新着記事★


★オススメ情報★



PC版でもアプリと同じアカウントでプレイ可能!

家でゆっくりプレイしたい人はPC版が快適でオススメです☆


↓↓↓コチラの画像リンクから公式サイトのPC登録画面へ↓↓↓