BVCr4md.jpg

先週のナーフによってライトニングブラストによる除去力と風読みの少年・ゼルによる攻撃力をともに奪われてしまったドラゴンさん。まあ環境前半は暴れ放題暴れていたのでしかたないんですがねwww

 

さて、くよくよしてられないので

ナーフ後のドラゴンデッキはどのような勝ち筋を狙ったプレイングをすればいいのでしょうか。

いくつか挙げていこうと思います。

 

今のドラゴンさんの勝ち筋は?

ダークドラグーンフォルテ

まず、多くのドラゴンデッキは通常のランプドラゴンでは採用率がそこまで高くなかった「ダークドラグーン・フォルテ」などの疾走フォロワーを多く積んだ疾走ランプドラゴンにシフトしてきているようですね。

 

基本的には序盤はPPブーストをしながら回復と除去を繰り返して、中盤以降に疾走フォロワーをガンガン出していくスタイルですね。ナーフ前に主流だったゼルウロボやサハゼルバハといった凶悪コンボには破壊力は及びませんが、それでも1Tあたりに7ダメージくらいは平気で出してくるのでなかなか強いですね。

 

アミュレット主体の戦術がプチ流行

竜爪の首飾り
毎ターン開始時5/5疾走フォロワーを出す連なる咆哮や、与えるダメージを+1する竜爪の首飾りなどの強力なアミュレットカードを中心とした勝ち筋も新たに出てきました。
ただ、ライトニングブラストがなくなったとはいえバハムートがまだ健在なのでアミュレット戦術をする場合は10T以内の決着を心がけたいですね。
また、ドラゴン同士のミラーマッチだと相手もPPブーストをするので厳しいかと思われます。

ゼルの新しい相棒模索中!?

風読みの少年・ゼル

コストが2から4へとナーフされた風読みの少年・ゼルですが、進化時にほかのカードへ疾走を付与するというこの効果を、なんとかまだ活かせないとウロボロスなどといった大型フォロワーにかわる新しい相棒を探す動きもあるようです。

 

候補①天翼を食う者

天翼を食うもの

ニュートラルの6コストフォロワーの「天翼を食う者」は、ファンファーレで手札をすべて捨て、捨てたカード1枚につき+1/+1するという効果を持つため、ゼルと組み合わせた場合最大1Tで13点もの疾走ダメージを与えることができます!ただ大ダメージを与えられる手札を作り上げることができるのかという懸念や、手札を捨ててとどめを刺しきれないと詰みがちなので、活躍の機会は限定的かと思われますね。

 

候補②ハンサ

ハンサ

ニュートラルの2コスフォロワー「ハンサ」は、ファンファーレで相手の盤面のフォロワーの最大攻撃力と同じ値に攻撃力がプラスされるという能力を持ちます。なのでバハムートヘヴンリーイージスといった大型フォロワーを相手が展開しているピンチを一気にチャンスへと変えることができますね(^^)/

 

鳳凰の庭園次第では完全復活も!?

鳳凰の庭園

今環境初期から運営に没収されてしまったアミュレットカード「鳳凰の庭園」は、場に出ている間、お互いの手札のカードと手札に加わったカードのコストを半分するという効果を持っています。

 

今現在、実質禁止カードという扱いになってしまっているので使用することはできませんがもしこの仕様のまま戻ってくることができたらゼルウロボやサハバハゼルといった凶悪コンボも再び可能になるので、このカードにドラゴンの未来が握られている側面もある!?

 

 

 

 

 

★人気の新着記事★